ABOUT
この映画について

5周年を迎える人気恋愛アプリゲームが、遂に映画化!

人気恋愛アプリゲーム『ときめきレストラン☆☆☆』が2018年3月に5周年を迎えることを記念し、劇場アニメ化決定!通常上映に加え、ペンライトでの応援はもちろん、アイドル6人への声援もOKな“ときめき声援上映”で公開します。制作は、日本を代表するアニメスタジオProduction I.G、アニメーションディレクターは数々の人気アニメを手掛ける今 千秋が担当。今までにない、新しい“ときめき”をぜひ劇場で体感ください!

 『ときめきレストラン☆☆☆』は、レストランを運営しながら、訪れる男性アイドルグループ「3 Majesty(スリーマジェスティ)」と「X.I.P.(エグジップ)」の6人と交流を深める女性向け恋愛アプリゲーム。キャラクターの立ち絵はすべてLive2D®を使用しており、レストラン経営をして、定期的に更新される期間限定のクエストに挑み、レシピや家具を集めたり、食事に来たアイドルたちとのイベントが楽しめる。「VSライブ」や「センター争奪戦」など、アイドルグループを応援するイベントも定期的に実施。また、アプリゲーム以外にも、6人のアイドルたちが活躍の場を拡げており、CDや書籍、グッズの発売に加え、遊園施設やカフェといった飲食店とのコラボレーションや、VRライブなど、活動は多岐にわたっている。
(※平成25年3月にサービス開始。平成26年8月に株式会社コナミデジタルエンタテインメントよりライセンス許諾を受け、株式会社コーエーテクモゲームスが運営)

STORY
ストーリー

伝説の曲「白と黒」を巡り、 2つのグループが激突!

人気アイドルグループの3 MajestyとX.I.P.は、デビュー5周年と言う節目を迎えるに当たり、自分たちを応援してくれているファンに、今までにない特別な恩返しをするにはどうすれば良いか悩んでいた。
 ある日、所属事務所PRINCE REPUBLIC (プリンス リパブリック)の社長から、両グループのリーダー、霧島と伊達が呼び出され、デビュー5周年イベントの開催決定の知らせと、そのための新曲が手渡される。しかし、その曲は両グループともに同じ曲…。実は手渡された新曲は、社長自身がまだアイドルとして活躍していた頃に挑戦するも、歌う事が叶わなかった伝説の曲「白と黒」だった。
 実は、「白と黒」は名曲だが、この曲に挑戦したグループは歌を披露する前に次々と解散していたことから、グループに 別れをもたらす《呪いの曲》とささやかれる曲でもあったのだ。自分たちこそ伝説の曲を披露するのに相応しいと争う3 MajestyとX.I.P.は、5周年ライブのラストに伝説の曲を披露できる権利をかけ、スペシャルVSライブを実施することに!
3 MajestyとX.I.P.、6人の力がひとつになるとき、奇跡が起きる…!!

  • STAFF
    スタッフ

  • アニメーションディレクター:今 千秋
    キャラクターデザイン:大久保 徹
    アニメーション制作:Production I.G
    キャラクターアーティスト:先崎 真琴
    配給:アスミック・エース
    製作:劇場版ときめきレストラン☆☆☆製作委員会